放射線部門のご案内

放射線部門では、各外来診療科・入院病棟・健診部からの依頼を受け、高性能な撮影機器を用いて、それぞれの検査に最適な撮影を実施し画像を提供しています。

当院の検査内容は、単純一般撮影、フラットパネルを搭載した透視装置による上部・下部消化管等の検査、CT・MRI・マンモグラフィー・骨密度測定検査をおこなっています。

64列マルチスライスCT装置

2010年7月、最新式64列マルチスライスCTの導入により、ルーチン及び造影剤を使用した検査において広範囲・短時間で撮影でき患者様の負担も少なくなりました。細かいスライスで撮影することにより高画質な三次元画像(3D画像)の構築が可能となり、骨の3Dや冠動脈の検査ができるようになりました。

1.5TMRI装置

2011年7月には、1.5TMRI装置の導入で撮像時間も短くなり、頭部や整形領域をはじめ、マンモグラフィーや腹部の検査でよりよい検査ができ、高画質の画像が提供できるようになりました。
撮影された画像は、画像情報管理システム(PACS)により各診療科・病棟等でモニターによる画像診断ができ、迅速な対応を行っています。

当放射線部門では、病診連携施設などから依頼を受け、画像を提供しています。(CT・MRIは要予約)
放射線技師は、患者様へ思いやりを持って対応するよう心がけています。

使用機器



  • 64列マルチスライスCT装置

  • 1.5T MRI装置

  • 一般撮影装置 2台

  • フラットパネル搭載X線透視装置 2台

  • 乳房撮影装置

  • 骨密度測定装置

  • 外科用イメージ装置 2台

  • ポータブル装置

  •       

お気軽にお問い合わせください。

  • 詳しく見る

    お問い合わせ

    詳細、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。